カテゴリ:うのひきだし(味手帖)( 2 )

職人たちが作り出す宝石. パパブブレの発祥はバルセロナ。

f0317854_7245735.jpg


伝統のアメ細工の技術を 用いるだけではなく、お客様を楽しませるパフォーマンスを取り入れた、いままでにない アート・キャンディ・ショップでいまや全世界で展開されています。

f0317854_7251877.jpg


目の前で、クリスマスツリーのキャンディが作られていく。
まるで魔法のよう。

子供の頃、松山の「椿まつり」で「おたやん飴」を買ってもらってた頃のことを思い出す。
どこを切っても同じおたふくの顔が出てきて、楽しかった。
「おたやん飴」も、大事に育てていけば、アートになるんだな。

目の前のツリーが売られるのは2~3日後だということで、私はフルーツのキャンディを連れて帰ってきた。

f0317854_7284754.jpg


他にもいろいろなキャンディがあるよ。
やはり究極は、これかな。

f0317854_7291622.jpg


愛でよろしく♡

****************************************

ブログランキングに登録しています。よろしかったら、下のボタンをクリックくださいm(_ _)m
もりともブログに1ポイント入り、ランキングをご覧いただけます。


人気ブログランキングへ

****************************************
by yutorogi-labo | 2013-11-26 07:30 | うのひきだし(味手帖)

マルゲリータピッツア

f0317854_1139628.jpg


私は20歳を過ぎる頃までチーズが苦手で、ピッツアが食べられませんでした。

その昔、お見合い後、何度目かのデートで、今治にあった「サンレモ」という小さなお店に連れて行かれ、気の小さかった私はまさか「チーズが苦手」とも言い出せなくて、そこでそのままピッツアをいただきました。

口に入れたとたん、今までのチーズのイメージを払拭する美味しさ。それが人生で初めてピッツアが美味しいと感じた時です。

いろいろあるピッツアの中でも、私が1番好きなのは、「マルゲリータ」。

ご存知のとおり、「マルゲリータ」は、「ピッツァマルゲリータ」の略で、トマト、モッツァレラ、バジリコをのせたイタリアのピッツアです。

イタリア王ウンベルト1世の妃マルゲリータが、色の取り合わせが国旗と同じだとして好んだことからとされます。私はどこのお店に行っても、まずはコレ。

シンプルなだけにその店の味がストレートに出ます。

夏には森のともだち農園でも、ピザ釜を作ったり、ピザ焼き体験をしていただいたりするようになりました。
体験では、具をいっぱいのせちゃう気持ちもとてもよくわかるのですが、ピッツア好きの人は農園のトマトとバジルとそしてチーズだけをセレクトされていて、思わず目が合って目配せしたりするのです。

これは、ピザ焼き体験に来てくださった高校生達が焼いたピッツアです。
さすがにガッツリ系ですね。

f0317854_1146124.jpg


****************************************

ブログランキングに登録しています。よろしかったら、下のボタンをクリックくださいm(_ _)m
もりともブログに1ポイント入り、ランキングをご覧いただけます。


人気ブログランキングへ

****************************************
by yutorogi-labo | 2013-11-22 11:39 | うのひきだし(味手帖)